大自然とふれあいはゴルフの楽しみ

ゴルフの楽しさというのは色々ありますが、個人によっても其の感じ方は違うかもしれません。 街中において打ちっぱなしのドラーバーショットの練習場ならともかくとしても、本格的なコースに出てラウンドを楽しむには、大抵は大自然の中でお行うのが常です。

ラウンドは、仲間達と大自然を一杯に感じながらのプレーを出来るのもゴルフの最大の楽しみでしょう。 ゴルフ場というのは平原の中か山麓、山間に造られているのが普通で、場合によっては、野生動物に偶然出くわすことがありますし、自然の美しさを肌で感じながらプレーできる事も醍醐味と言えます。

ゴルフ場でよく見かける野生の動物は、モグラや野ウサギ、野生の猿や日本鹿、其れにカラスなど場所によっては独特の野生動物が出現し、つき物と言ってもいいでしょう。 例えば、ゴルフの実況中に折角グリーンに乗った球をカラスがいじりまわして、其の上咥えて持っていくという場面なんかもよくあるそうです。 そんな時は、プレイそっちのけで放送も選手もファンも大いに喜んで成り行きを見ていることになります。

ゴルフは、このような非日常的な大自然の中でのプレイが普通で、気の合う仲間と冗談を言いながらコースを回れば、新たな人間関係や友情を深めることが出来るでしょう。