ゴルフならではの重要なポイントについて

世界には多種多様な球技があります。その大半が動いているボールを取り扱うことが主となっている球技です。

テニス・サッカー・バスケットボールなどメジャースポーツのほとんどが動的球技に属しています。止まっているボールを取り扱う希少な球技のひとつがゴルフなのです。一般的に動的球技と静的球技の違いとして、球が止まっていることに意識が向きやすいのですが、本質的な違いを生み出しているのは、球が静止していることではありません。実はボール側ではなく競技者側の動きが重要なのです。

静止した状態から次の動作へスムーズに移行するための構えが最重要な要素となるのです。ゴルフにおいては、それがアドレスなのです。思い描いたナイスショットを打つためには、良きアドレスが必要不可欠な要素となります。実際、良きアドレスが確保されれば、70%程度の確率でナイスショットが得られるものと言われています。

アドレスが乱れているとほぼナイスショットは見込めないばかりか、ミスショットとなる確率がかなり高いものとなってしまいます。