ゴルフの理想的なスイングとして右肘の使い方について

ゴルフのスイングで右肘の使い方をマスターするだけで、ゴルフスイングが良くなるので、意識をしながら練習る事が肝要です。

アドレスでは、右肘と左肘は平行な位置にある事を確認して、ウィーククリップでは右肘が左肘より浮き気味になってしまいます。出来るだけ両肘を同じ高さに保つ事が基本です。両肩を結んだ線と両腕でできた二等辺三角形をキープして、両肘を絞る事で肘の内側は上を向いた状態になるので、これが理想的な形と言えます。

トップからダウンスイングにかけては、オンブレーンに正しく下すだけですが、クラブを下すだけというのがゴルフでは難しいポイントの一つです。コツとしては、トップからダウンスイング時に右肘を脇腹にぶつけて身体ごと左へ切り返すタメのイメージを掴む事が良いです。フィニッシュでは大きくハイフィニッシュに振り切る事を意識すると自然とアウトサイドインの軌道になり、ボールが上がりやすく方向性も良くなります。

右肘の使い方を意識しながら練習する事が良いです。